アラサー無職、NY一人旅に行く

28歳ニート女がニューヨークへ一人旅に出るまでの奮闘記

天満橋*水上ピクニックをやってみた

f:id:mamimamimaaa:20200802165550j:plain

 

天満橋で水上ピクニックをやってきました。

コロナ禍の今、密を避けながらのんびりできる新しいツールになるかもしれませんね!

 

 

 

水上ピクニックとは

www.citysup.jp

 

天満橋前の大川をぷかぷかとボートで浮かぶことができます。

テントやテーブル、パラソルなど備品の貸し出しが手厚く、

食べ物や飲み物の持ち込みもok!

※飲み物は蓋付の物を持ち込むように指示されました。

 

開催日は木~日

木・日は10-17時、金・土は10-20時

料金は30分2000円~(1名の場合)

 

ちなみにサイズ感としては↓の感じです。

f:id:mamimamimaaa:20200802185216j:plain

※右に見切れているあひるのせいでサイズ感がめちゃくちゃである

 

中央が後述の水上さんぽ体験ツアーです。

ボートの上の椅子に座って

ガイドさんが漕いで川の上を探検できます。

 

体験方法

川の駅「はちけんや」で受付をして支払います。

現金orペイペイです。

 

 

ちなみにWEBでの予約も可能ですが

当日のWEB予約はできませんでしたが

現地に行って聞いてみると難なく受付できました。

あまり混雑はしていなさそうです。

 

f:id:mamimamimaaa:20200802170921j:plain

 

ちなみに

ガイドさんが付いてボートを漕いで川のあちこちを探検する

水上さんぽ体験ツアーも同じカウンターでの受付でしたが

こちらは混みあっているようでした。

 

f:id:mamimamimaaa:20200802171010j:plain

 

www.citysup.jp

 

f:id:mamimamimaaa:20200802171851j:plain

 

受付を済ませて

呼ばれるまで一旦中で待ちます。

 

f:id:mamimamimaaa:20200802171511j:plain

 

乗り降りする時だけライフジャケットを着用して靴を脱いで乗船です。

持ち込む荷物はかごに入れてスタッフさんに積み込んでもらいます。

 

f:id:mamimamimaaa:20200802171540j:plain

 

スタッフさんに牽引され

沖のブイにボートの紐をつながれ、

その後スタッフさんは離れて完全に自分だけのスペースとなります。

 

f:id:mamimamimaaa:20200802171826j:plain

 

離れるものの状況は川辺から注視されているようで

風が強くて思ったよりも陸から近い所まで流されてしまったのですが

もう一度スタッフさんがやってきて

もう少し遠くまで移動しますね~とお気遣いいただきました。

 

乗り心地

f:id:mamimamimaaa:20200802171344j:plain

 

いろいろ持ち込みましたよ~(^^)/

お酒は氷入りのカップに移して飲めば

冷えも継続&お酒を飲んでいる感がなくてよい(笑)

 

f:id:mamimamimaaa:20200802171419j:plain

 

ごろごろできるのですが

時刻は14時台、

陽の当たり具合により日陰が1人分ギリギリしかない…

 

それでも風が涼しくて暑くはなかったです(^^)/

この日の最高気温は35度予報でしたが…

 

なので机の上に置いていたカップの氷は驚くほど早く溶けました。

缶ビールは瞬殺でぬるくなっていたかもしれません。

 

f:id:mamimamimaaa:20200802170513j:plain

 

テントからの見晴らしです。

 

f:id:mamimamimaaa:20200802173259j:plain

 

2020年8月1日~31日は

バーダックがぷかぷか浮いています(^^)/

 

rubberduck.hatenablog.com

 

あひると同じようにぷかぷか波に揺られて

気持ちがよかったです◎

まるで電車で眠くなるような心地よい揺れでした。

 

f:id:mamimamimaaa:20200802191803j:plain

 

ボートでぷかぷか浮いていると

消防局の船が通ってきました。

巨大なあひるとの対比、なんだか世紀末感がありますね(?)

 

f:id:mamimamimaaa:20200802171119j:plain

 

しかしあひる側にのぼりがあるのは残念でした。

まあこれはこれで特別な感じがするのでいいかもしれませんが

 

f:id:mamimamimaaa:20200802173411j:plain

 

ちなみに

カメラを乗り出して撮影していても何も言われませんでしたが

手が滑れば確実に水没するのでご注意を

 

f:id:mamimamimaaa:20200802171332j:plain

 

テントの網越しのあひるです。

 

f:id:mamimamimaaa:20200802171911j:plain

 

さて陸に目をやりますと

たくさんの人があひるを眺めています。

確実にこの時間帯にあひるを撮影している人の中に私は映り込んでいます。

 

f:id:mamimamimaaa:20200802173226j:plain

 

ちびっこたちに

「ママーあれなにー?」

と言われても大丈夫な鋼のメンタルを用意しましょうね

 

私は1人遊びのプロなので平気です。

ハイボールを飲んでほろ酔い気分で無敵です)

 

制限時間終了後

30分を過ぎた頃に

スタッフさんがお迎えにやってきます。

その際に延長するかしないかも聞かれるので

後ろが詰まってさえいなければいくらでも滞在できそうです。

 

最後に写真を撮影していただけました。

 

f:id:mamimamimaaa:20200802165550j:plain

 

スタッフさんの業務用スマホで撮影いただき

ラインで送信して頂きました。

完全無料です。

 

感想

・夏の昼間はテント内の影が1人分ほどしかないので複数人で乗船の場合は日陰争奪戦が必要になりそう

・夕方17時頃以降は浮遊する辺りはほぼ日陰になるので快適かも(その場合は金・土のみです)

・最高気温35度では飲み物が瞬殺で温くなるので氷の持ち込み必須

・波の揺れが心地よくて30分なんてあっという間

・あひるを至近距離で眺めることができて最高

 

コロナ禍の今、密を避けながらのんびりできる新しいアクティビティですね!

次は仕事終わりの金曜日、あひるのライトアップを眺めながら一杯やろうかしら。

 

***

 

航空券の比較はこちら

 

ホテルの比較はこちら